静岡茶を使ったかき氷「茶氷」を30店舗が提案!【vol.20:真茶園】

旅行全般
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

聞き茶の全国大会で優勝経験を持つ茶匠が8代目を務める創業200年の製茶問屋、「真茶園」は、茶氷プロジェクトで「茶匠かき氷4種味比べ」を提供しています。桜ほうじ茶、抹茶のシロップに加え、北海道餡シロップ、生クリーム入り濃厚練乳の4種が集う茶氷です。

お茶の生産量が国内で4割を占め、日本一のお茶処である静岡。そんな静岡茶の美味しさをかき氷を通して伝えていく「茶氷プロジェクト」が昨年始動し、12店舗で3か月の間に30,000杯以上が販売される盛況ぶりでした。2年目の今年は、静岡県下の5市2町+東京都内の30店舗がオリジナルの茶氷メニューを提供します。2019年9月30日まで実施中。

真茶園の「茶匠かき氷4種味比べ」

今回ご紹介する「真茶園」は、藤枝市に店を構える創業200年の製茶問屋です。八代目茶匠は、第41回全国茶審査技術競技大会優勝を持ち、農林大臣賞を受賞したという凄腕。

そんな茶匠と菓匠が妥協を許さずに作り出した「抹茶どら焼き」(5個入り、1,512円・税込)」は抹茶が強く香るしっとり生地に、フレッシュバターで作った抹茶バタークリームと甘さ控えめな北海道産の小豆を挟んだもの。30万個以上売り上げたという怪物商品です。

茶氷プロジェクトのために真茶園が用意したのは、「茶匠かき氷4種味比べ」。西伊豆の桜葉の釜炒り茶とほうじ茶をブレンドした桜ほうじ茶シロップ、1kg8万円の高級抹茶を使用した濃厚抹茶シロップ、どら焼きの北海道産餡をアレンジしたシロップ、生クリーム入り濃厚練乳ミルクの4種が一時に楽しめる、贅沢カルテットな茶氷です……
 
続きを読む >>

旅行全般
向日葵が飛び出てくる!チョコレート専門店が作る10日間限定「3Dかき氷」…

“進化系かき氷”の進化が止まらない!昨年より「ケーキみたいなかき氷」でSNSを中心に話題を集める、チ …