静岡茶を使ったかき氷「茶氷」を30店舗が提案!【vol.22:ななや】

旅行全般
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


静岡県で初めて抹茶をつくった製茶メーカー、丸七製茶の直営店である「ななや」は、茶氷プロジェクトで「本格派の濃い抹茶氷」「本格派の濃いほうじ茶氷」を提供しています。シャーベットのようにどこを食べても均一な美味しさの濃厚茶氷を、1種もしくは2種のチョイスで食べられます。静岡県内の静岡店、牧之原店のほか、東京・青山店、京都三条店でも提供しています。

お茶の生産量が国内で4割を占め、日本一のお茶処である静岡。そんな静岡茶の美味しさをかき氷を通して伝えていく「茶氷プロジェクト」が昨年始動し、12店舗で3か月の間に30,000杯以上が販売される盛況ぶりでした。2年目の今年は、静岡県下の5市2町+東京都内の30店舗がオリジナルの茶氷メニューを提供します。2019年9月30日まで実施中。

ななやの「本格派の濃い抹茶氷」「本格派の濃いほうじ茶氷」

今回ご紹介する「ななや」は、製茶メーカー丸七製茶が営業する静岡抹茶スイーツファクトリーです。『世界で一番濃い抹茶ジェラート』でメディアに取り上げられることもしばしば。

抹茶の濃さは7段階あり、No.1を基準として、数字が倍数になります。つまり、No.7はNo.1 の7倍の抹茶を使用しています!このNo.7は「プレミアムNo.7」(530円・税込)として、農林水産大臣賞を受賞した茶園の抹茶を特別に使用。抹茶は高級なほど苦みが控えめな素材です。濃いものが実現できるのは、抹茶が高級な証拠なんです。

茶氷プロジェクトのためにななやが用意したのは、「本格派の濃い抹茶氷」「本格派の濃いほうじ茶氷」。抹茶氷は、……
 
続きを読む >>

旅行全般
向日葵が飛び出てくる!チョコレート専門店が作る10日間限定「3Dかき氷」…

“進化系かき氷”の進化が止まらない!昨年より「ケーキみたいなかき氷」でSNSを中心に話題を集める、チ …