目からビーム!?巨大土偶が鎮座する【JR五能線木造駅】

旅行全般
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


こちらの駅舎は、「東北の駅百選」にも選定されています。こんなに独創的でインパクトのある駅舎もなかなかないので、選ばれるのも必然という気はします。今回は、シャコちゃんの活動情報と合わせ、JR五能線や遮光器土偶についても簡単にご紹介しましょう。

JR五能線と木造駅

JR五能線は、秋田から青森にかけ、日本海沿いを走る路線で、乗客は美しい景色を楽しめることで知られています。白神山地や不老不死温泉へのアクセスは、この五能線を使うことが多いでしょう。


全長147.2kmある五能線は、内陸にも伸びています。有名な秋田犬の「わさお」が暮らす鯵ヶ沢から少し内陸に入ったところに、木造駅があります。2018年のデータによると、木造駅を含む五所川原~東能代の区間の1日あたりの平均通過人員が474人、1日あたりの木造駅の利用者が179人となっています。

木造駅の北西約10㎞のところに、遮光器土偶が出土した「亀ヶ岡遺跡」があります。

遮光器土偶と亀ヶ岡遺跡

遮光器土偶は、地元青森を離れ、東京国立博物館に重要文化財として保管されています。展示予定は未定とのこと。

紀元前1000-前400年の縄文時代(晩期)のものと考えられています。なんといっても特徴的なのは、目です。東北地方における晩期土偶によく見られる特徴です。イヌイットが雪の中を歩くときに着用したスノーゴーグルのような「遮光器に似ていることから「遮光器土偶」と呼ばれるようになりました。

近年は、単に目を強調したかっただけという説も出てきています。また遮光器土偶の頭部に赤色が……
 
続きを読む >>

旅行全般
海外の人々と違う!日本人がホテル選びで重視すること【エクスペディア調査】…

日本人がホテルで重視する設備やサービス まずは、日本人がホテルで重視するものが何か見てみましょう。 …

旅行全般
まさに中世へのタイムスリップ!ロマンチック街道の町ドイツ・ネルトリンゲンで3年に…

南ドイツを縦断するロマンチック街道のネルトリンゲンでは、3年に一度だけ歴史的な「城壁祭り」が開催され …

旅行全般
ビンタン島…

(Photo by yummiec00kies) リゾートに行きたいけど、定番のところはもう行きつく …