いつか体験してみたい!アムステルダム近郊にある古都ハーレムで運河クルーズ

旅行全般
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ハーレムの運河クルーズ

古都ハーレム(ハールレム)は、球根栽培で古くから知られ、「花の町」という愛称で多くの人に愛されてきました。

活気のあるアムステルダムとはまた違い、穏やかな時間が流れる街なんです。人々の生活が身近に感じられて、リラックスできる街の運河クルーズに参加してきました。


この回の乗客は4人のみ。筆者以外はみな駆け込み申込で、ギリギリの時間に乗車しました。当日ふらっと参加することも可能な、本当に気軽な運河クルーズです。

料金は14ユーロ。スパールネ川を50分ほど巡ります。テイラース博物館前から出発し、中央駅やフランス・ハルス美術館などの脇を通ります。


ヨーロッパでは珍しくない白鳥と逆行しながらスタート。

アムステルダムの運河クルーズとの違い

アムステルダムの運河クルーズとの違いは、まず船の形状にあります。ネットでいろいろアムステルダムの運河クルーズを見た限り、どれも船は屋根付き。ガラス張りでそこから景色を見る形です。


それに対して、こちらは、オープンエア!あたりの空気をダイレクトに感じながら、直接周りの景色を見ることができます。雨が降ったら傘をさすシステムです!寒いときは、ひざかけもあります。(もっと高級なタイプの船もあるようですが、ツアー内容が変わってきます)


さらにさらに。ハーレムの運河クルーズでは、風車が見られるのです!デ・アデリアーン風車と呼ばれるもので、1778年に建てられたものが1932年に火災にあって消失したのですが……
 
続きを読む >>

旅行全般
海外の人々と違う!日本人がホテル選びで重視すること【エクスペディア調査】…

日本人がホテルで重視する設備やサービス まずは、日本人がホテルで重視するものが何か見てみましょう。 …

旅行全般
まさに中世へのタイムスリップ!ロマンチック街道の町ドイツ・ネルトリンゲンで3年に…

南ドイツを縦断するロマンチック街道のネルトリンゲンでは、3年に一度だけ歴史的な「城壁祭り」が開催され …

旅行全般
ビンタン島…

(Photo by yummiec00kies) リゾートに行きたいけど、定番のところはもう行きつく …