伝説の「ハート型の袋池」って!?城×海の絶景「富岡城」を現地ルポ【熊本・天草苓北】

旅行全般
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


(写真:富岡ビジターセンターパンフレットより)

富岡の海×蘇る富岡城

唐津城主・寺沢広高が関ケ原の戦いの後、1602年頃から築いた「富岡城(とみおかじょう)」は、1637年の島原・天草一揆では幕府軍の拠点として一揆勢の攻撃で落城寸前まで追い込まれました。一揆の後、海外列強に備えた基地となった後、天草は天領となり1664年に戸田忠昌が入城しますが、城の維持管理が島民の負担になっていると感じ、三の丸に藩庁を残し本丸・二の丸を廃城。明治初期まで天草行政の中心となりました。


現在、二の丸・本丸・石垣・櫓など整備され、蘇る富岡城。


絶景の湾の海と吹く風に飛んでく疲れ!

ハート型の袋池×伝説


自販機と椅子のある小部屋でひと休み。そこから見えるハート型の「袋池」には伝説も・・・。


「ある米屋の一人娘に両親が良い婿を迎えるためずるい商売でお金持ちになって、婿を迎えることになったある日、池で米を洗っていた娘が池に落ち大蛇となり底へと消えていった。両親はこれは報いだと祠を建てた。娘が水面の葉を掃いているから1年中きれい」という切ない伝説。

「富岡ビジターセンター」×天草西海岸の富

2005年、本丸跡に完成した「熊本県富岡ビジターセンター」では、足元の大きな天草地図がお出迎え。富岡のリアス式海岸・砂嘴(さし)・砂州など地形、天草の自然、海の生き物、貝殻標本、天草陶石、キリシタンの歴史など展示紹介だけでなく、3Dシアターも。3Dで西海岸の海の魚が飛び出して、……
 
続きを読む >>

旅行全般
海外の人々と違う!日本人がホテル選びで重視すること【エクスペディア調査】…

日本人がホテルで重視する設備やサービス まずは、日本人がホテルで重視するものが何か見てみましょう。 …

旅行全般
まさに中世へのタイムスリップ!ロマンチック街道の町ドイツ・ネルトリンゲンで3年に…

南ドイツを縦断するロマンチック街道のネルトリンゲンでは、3年に一度だけ歴史的な「城壁祭り」が開催され …

旅行全般
ビンタン島…

(Photo by yummiec00kies) リゾートに行きたいけど、定番のところはもう行きつく …