世界一美味しい料理と言われる「マッサマンカレー」を本場タイのバンコクで食す

旅行全般
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


マッサマンカレーとは?

「マッサマンカレー」は、タイ南部発祥のじゃがいもと鶏肉を煮込んだタイカレー。日本でもレトルト食品が発売されるなど注目が高まっています。

もともとタイ南部のイスラム教徒が食べていたカレーのため、現地のタイ人にはあまり馴染みがないそう。イスラム教徒のために、基本はチキンが使われます。ココナッツミルクやピーナッツを合わせることで、辛さの中にも深いコクと上質な甘みがあるのが特徴です。

ローカル食堂 Krua “Aroy-Aroy”



バンコクで人気のローカル食堂「Krua “Aroy-Aroy”」は、地下鉄BTSのスラサック駅の近く。向かいにはヒンドゥー教の寺院があり、インド系の人々が集まるタイの中でも珍しいエリアです。お店の前には花屋さんがあり、お店の外観を隠してしまっているので少し分かりにくいです。



店内は現地の人で賑わい、かなりローカルな雰囲気が味わえます。「Krua “Aroy-Aroy”」はタイ語で、「“美味しい、美味しい”台所」の意味。タイ南部のさまざまなローカルフードを扱う庶民の食堂なのですが、隣に座っていた地元の人にもマッサマンカレーを勧められるほど、マッサマンカレーの美味しいお店ということで有名のようです。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});



チキンの「MASMUN GAI」と……
 
続きを読む >>

旅行全般
牢獄生活はステイタス!?ドイツ最古の大学町、ハイデルベルクに残る「学生牢」を現地…

古城街道沿いのハイデルベルクは、古城と大学で知られるネッカー河畔の街。1386年創立のハイデルベルク …

旅行全般
【機内食ルポ】チャイナエアライン 関西空港〜ニューヨーク間のエコノミー機内食は4…

Resul Muslu / Shutterstock.com   ニューヨークJFK空港 チャイナエ …