ドイツ最古の街トリーアで、世界遺産のローマ遺跡群と大聖堂をめぐる

旅行全般
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ドイツ最古の街トリーア



ドイツ中西部、ルクセンブルクとの国境付近に位置するトリーアは、2000年の歴史をもつドイツ最古の都市。

その歴史は、ローマ皇帝アウグストゥスが築いたローマの植民都市にはじまります。当時のトリーアは、「第二のローマ」ともいわれ、ローマ帝国にとってヨーロッパ進出の重要な足がかりでした。



トリーアの景観をユニークなものにしているのが、「ポルタ・ニグラ」をはじめとするローマ時代の遺跡の数々と、大聖堂に代表される中世の建造物の融合。これらは、「トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会」として世界遺産に登録されています。

それらにフランス風のバロックやルネッサンス様式の建物の数々が加わり、この街にしかない、唯一無二の風景を造り上げているのです。

トリーアのシンボル「ポルタ・ニグラ」



トリーアのシンボルといえば、中心街を守るようにして建つ「ポルタ・ニグラ」。2世紀ごろにローマの市城門として造られたもので、ドイツにあるローマ時代の遺跡としては最も貴重なものです。

「黒い門」を意味するその名の通り、黒ずんだ砂岩を積み上げて造られていますが、「ポルタ・ニグラ」の名は、中世になってから付けられたといいます。市街地に突如として現れる高さ30mの巨大な門は、迫力満点。どこか異世界にワープしたかのような気にさせられます。



門の上にのぼることもでき、一時は教会として使われていたこともある、美しいレリーフが刻ま……
 
続きを読む >>