牢獄生活はステイタス!?ドイツ最古の大学町、ハイデルベルクに残る「学生牢」を現地ルポ

旅行全般
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


古城街道沿いのハイデルベルクは、古城と大学で知られるネッカー河畔の街。1386年創立のハイデルベルクは、ドイツ最古の大学にして、8人のノーベル賞受賞者を輩出してきた名門です。ハイデルベルクにおいて、大学はもはや観光スポット。施設の一部が「大学博物館」として公開されているほか、珍しい「学生牢」も見ることができるのです。

空気が一変する学生牢



学生牢があるのは、大学旧館の裏手。大学博物館と共通で使えるチケットは、大学グッズショップ(Uni-shop)で購入でき、ショップの奥に学生牢への入口があります。



「学生牢(Studentenkarzer)」と書かれた看板に沿って進んで行くと、空気が一変。かつてここで時間を過ごした学生たちの落書きが、壁いっぱいに広がっています。



別世界に迷い込んだような、あるいは来てはいけない場所に足を踏み入れてしまったかのような、奇妙な感覚・・・まるで、ここだけ時代の流れから隔絶されているかのようです。

牢屋暮らしはステイタス!?



階段で2階にのぼると、「投獄」された学生たちが暮らしていたいくつかの小部屋が。やはり、壁も天井も学生たちの落書きで埋め尽くされ、独特の雰囲気を醸し出しています。

しかし、決して嫌な感じがするわけではありません。「牢屋」というと、暗くジメジメした印象がつきまといますが、この学生牢はノスタルジックかつアーティスティックで、学生たちのエネルギーが感じられます。


……
 
続きを読む >>

旅行全般
向日葵が飛び出てくる!チョコレート専門店が作る10日間限定「3Dかき氷」…

“進化系かき氷”の進化が止まらない!昨年より「ケーキみたいなかき氷」でSNSを中心に話題を集める、チ …